サービス開始以来、『戦国IXA 千万の覇者』は史実に基づいて、
本格的なシナリオを作り続けており、プレイヤーの皆さまから好評を博しています。

7年目に突入した今年では、プレイヤーの皆さまにより特別で、『戦国IXA 千万の覇者』でしか味わえない体験をお贈りするために、直木賞受賞作家であり、戦国時代について造詣が深い安部龍太郎先生とのコラボレーションを実施します!

直木賞受賞作家とゲームのコラボレーションは『戦国IXA 千万の覇者』史上初の試みとなります。
今後は様々な展開を順次公開する予定です。ぜひご期待ください!

コラボ公式Twitterアカウント:

https://twitter.com/ABEIXAcollab_PR
あなたが疑問に思う 歴史上の何故? どうして?
安部龍太郎先生がお答えします!
安部龍太郎先生×『戦国IXA 千万の覇者』コラボの第1弾として、安部先生が連載する『歴史の真相』への質問を募集します!
歴史への飽くなき探求心を持ち続け、常に最新の史料を調べて読み解き作品に反映していく安部先生。そんな安部先生に、あなたが疑問に思う歴史の「なぜ?」を質問してみませんか?
『戦国IXA 千万の覇者』と安部先生のコラボによってそんな質問コーナーが実現しました!!
本サイトでは、皆さんからいただいた質問と先生からの回答を定期的に掲載していきます!
ぜひチェックしてくださいね!
※投稿の方法などの詳細についてはゲーム内ご確認ください。






上記の5つのオンラインゲーム配信サイトで展開しています。
いずれかの二次元バーコードを読み取ると、インストール不要ですぐにゲームを遊べます!

『歴史の真相』とは?

安部龍太郎先生がご自身のWEBサイトで展開する、読者からいただいた「歴史の質問」に回答していく企画です。過去には以下のような質問にお答えいただいています。
関ケ原では何故、豊臣秀頼は西軍の大将として参戦しなかったのか?

石見銀山の開発が高度経済成長を生んだ?!

戦国時代の貿易はどのように行われていた?

これらの質問へのご回答は、安部先生のオフィシャルサイトから確認できます!

オフィシャルサイト『歴史の真相』専用ページ:

https://aberyutarou.com/contents/history


『歴史の真相』は『小説幻冬』(幻冬舎)にて先行掲載しています。安部先生のご回答をいち早く知りたい方は、毎月27日発売の『小説幻冬』をご確認ください!

小説幻冬オフィシャルサイトはこちら!

安部龍太郎(アベリュウタロウ)

1955年6月福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ
久留米工業高等専門学校機械工学科卒。

東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。
その間に数々の新人賞に応募し「師直の恋」で佳作となる。
1990年に発表した「血の日本史」でデビュー。

この作品で注目を集め「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という伝説が出来た。

作品に「彷徨える帝」「関ヶ原連判状」「信長燃ゆ」
「恋七夜」「道誉と正成」「天下を謀る」「蒼き信長」
「冬を待つ城」「維新の肖像」「姫神」
近著「おんなの城」など多数。

大分合同新聞にて「宗麟の海」連載中2005年「天馬、翔ける」で第11回中山義秀文学賞を受賞。

2013年「等伯」で第148回直木賞受賞。

2015年福岡県文化賞受賞。

安部龍太郎オフィシャルサイト:https://aberyutarou.com/
「等伯」 文藝春秋社・文春文庫
「家康」 幻冬舎
「冬を待つ城」 新潮社・新潮文庫 
「義貞の旗」 集英社
「維新の肖像」 KADOKAWA・角川文庫

<新刊情報> 「平城京」

3年で日本史上最大の引っ越しを完遂せよ。青年が家の再興を賭けて挑む!

遣唐使船の船長だった阿倍船人(あべの・ふなびと)は、ある事件により朝廷より処罰をうけて草香津に逼塞していた。

そこへ、七年ぶりに再会した兄・宿奈麻呂(すくなまろ)から新都造営の手助けをしてほしいと、打診を受ける。

たった三年で、唐の長安に並ぶ新都を奈良に――これは朝廷一の実力者・藤原不比等(ふじわらの・ふひと)からの必達の命だった。

失敗すれば大きな責任を問われる難事業だったが、白村江の戦い以来冷遇されてきた阿倍家再興を誓う兄を助けるため、船人は引き受けることに。

行基衆の手助けなどもあり、着々と準備を進めるが、朝廷では遷都推進派と反対派の対立が激化。造営予定地の立ち退きを巡り、死者まで出てしまう。

事件の黒幕について、船人はある疑念を抱くが……。

商品詳細はこちらから

安部 龍太郎
定価 1,944円(本体1800円+税
判型:四六判
商品形態:単行本
ページ数:416ページ
発売日:2018年05月31日